HG ランドマンロディを作る(その3)

どうも、みなさんこんにちは(^-^)/
この一週間。歯が痛くてどうしようもない状態でした。
今は歯医者で治療を受け何とかなりましたが、かみ合わせが悪いせいで食事が・・・(;_;)
やっと落ち着いたのでマンロディの続きから入ります。
脚部の関節部の新造を進めます。
ランドマンロディ (10)
関節を新造するにあたり、一から自作するか、流用するか考えたのですが、
どちらにしろ、今家にあるジャンクパーツを減らさないといけないので、
キットで使わないマンロディの脚部パーツを加工して使うことにしました。
まず、A-12のパーツの使わない部分をレザーソーやデザインナイフで切断、加工していきます。
ランドマンロディ (11)
切断加工を終わらせたらPC7をはめ込み、3mm径の穴を開けた1mmプラ版を適当な大きさにカット。
接着し乾燥後加工します。
この時、飛び出てるポリパーツは切り落とさないで置きます。
ランドマンロディ (12)
次にランドマンロディの足の加工に移ります。
マーカーであたりを付けて切断します。
この後、A3-15のダボ穴に3mm径のピンパイスで穴を広げておきます。
この穴はA-12にある凸ダボに取り付けます。
ランドマンロディ (13)
次にA4-17のパーツの加工を行います。
ここには可動部を追加しようと思うので、少し深めに切り取ります。
この時に調子に乗り過ぎると元のサイズと変わってしまい機体のバランスがおかしくなるので、
バランスを見ながら作業します。
ランドマンロディ (14)
可動部の新造にはプラサボの3mm径を使います。
それと同時にプラサボのポリパーツ隠しの3mmと5mmを使いポリパーツ隠しを作ります。
(画像取り忘れました。すみません(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?)
ランドマンロディ (15)
一式を組み上げ、仮止めした脚部。
(写真上が無改造。下が改修後)
キレイにバランスが取れた状態になりました。
完全な接着は各所の隙間を埋めてからとなります。
とりあえず今回はここまで。
明日はどうやら晴れそうなのでジャスティスの塗装の続きを行いたいと思います。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト

MG OOザンライザー+セブンソードを作る(その1)

ザンライザー
どうも、こんにちは(=゚ω゚)ノ
ジャスティスが完成次第、OOザンライザーに取り掛かりたいと思います。
お値段は¥8640+送料&代引き手数料です。
箱に塗料の汚れがありますが、ジャスティス塗ってるときにこぼした奴なのであまり気にしません。
ラッカーシンナーで落とそうとしたらイラストまでハゲてきたのでそのままです。(^∇^)
セブンソード
ザンライザーが手に入る前の企画として、OOライザーにセブンソードから武器一式をはぎ取って(*’U`*)
OOライザーセブンソードを作る予定でしたが、ザンライザーが手に入ったことでこちらにシフトを変更します。
ザンライザー (1)
他サイトでOOザンライザーのレビューを見ると、どうやらOOザンライザー形態にするとスタンドがあっても
後ろに倒れこむらしいので、転倒防止の専用スタンドを使わないと展示しづらいというコメントを見ました。
折角OO本体が2体分あるので、展示用に腰関節ならびに腹部関節の固定した胴体を一緒に製作しようと思います。
ザンライザー (2)
そしてセブンソードから強奪した武装一式(*σ´Д`*)をパチ組みした状態。
画面を見て??と思った方がいるかと思います。
そう、GNバスターソードⅡが一本多いです。セブンソードに付属してるのは一本のみです。
この計画を実行するために、イエローサブマリンでバラ売りしていたものを、
この日の為に購入しておいたものです。
これでキットに使う別売りのライトユニットが都合合計7個必要になります。
(本体×1、GNドライヴ×2、オーライザー×2、GNバスターソードⅡ×2)
フレームを作ってる途中、DVDを見ながら進めてたのですが、
ブレードBOX
見ていたのが『テッカマンブレード』
見てるうちに、段々ブレードが組みたくなってしまったので作業中断。
で、棚から引っ張り出してきたのがコレ
ブラスターブレード
『1/16テッカマンブラスター』
たしか、高校の時に(おそらく1998年位)に市内にある唯一の模型店で購入したもの(もうじき20年位寝かせたもの)
案の定パーツ切り離してそのまま放置だったので組んでました。
バンダイでなかなか再販されないキットのウチの筆頭格だと思います。
ちなみに、以前ワンフェスで見かけたときはエビルが8千円。ブラスターブレードが1万円で売ってました。Σ(゚д゚|||)
頼むよバンダイ。再販してくれよ(´。・ωq)(pω・。`)
コッチは気が向いたときにレビューします。

大分話が横道にソレてしまいました。
次回、天候次第によってですが、OO本体のフレームの組み立てをしていきたいと思います。
それでは、また
関連記事

ネモ&ベースジャバーを作る(その5)

みなさん。こんにちは
続いてネモのパーツ処理を続けていこうと思います。
ネモ (18)
バックパック上部の合わせ目が気になったので接着したかったのですが、
バーニア基部の色が違うため、パーツ部割を変更しようと思います。
やることは簡単です。
写真では見にくいですが、マジックでラインを引いたあたりでカットします。
ネモ (19)
写真には収めてませんが、切り離した下側のパーツの真ん中にある突起を1ミリほど削っています。
これで塗装後にはめ込むことが出来ます。
ガイドテンプレート
前回カバカーリーのディティールUP後に見つけた
(株)ハイキューパーツ社製スジボリ用ガイドテンプレート(4種類各¥280+税)
すでに接着後に見つけたので使用が出来なかったので今回使ってみようと思います。
ネモ (16)
大分前にエポパテで埋めたフロントアーマー。
ここにディティールを入れていこうと思います。
使用したのがベーシック75°
上下に張り付けます。
ネモ (17)
ディティールを入れた後、ガイドに使ってたプレートを剥がしていきます。
材質的にはセロハンテープに近いです。
自分はスジボリが苦手だったりするので、こういったサポートアイテムが増えてくれるのは、
大変ありがたい限りです。
ジャスティスの塗装が終わり次第、ベースジャバーの塗装とともに仕上げていこうと思います。
それではまた。
関連記事

ランドマンロディを作る(その2)

どうも、こんにちは(=゚ω゚)ノ
台風の影響でジャスティスの塗装が出来ないので、
先にマンロディを進めます。
ランドマンロディ (6)
パッと見で気になったのが、下腕の接着面。
このままだとフレームを塗装してから、挟み込んで接着。その後に塗装ということになるので、
後ハメ加工を施したいと思います。
まず、C-15のマジックで塗った所をデザインナイフで削り取り、
うっすらと残った側面のシブ味も削り落としておきます。
ランドマンロディ (7)
それと同時にAー28の丸ダボもニッパーで切り飛ばします。
ランドマンロディ (8)
これにより、下腕のパーツを接着した後で、塗装後組み立てることが出来ます。
それとは別に、腕の可動範囲が+30度ほど上昇しました。
カンタンに可動範囲が稼げるのでお勧めです。
(写真左が無改造。右が後ハメ加工後)
ランドマンロディ (9)
今、現在で接着出来る所は接着してしまいます。
接着剤が乾燥してから、パーツ処理をしていこうと思います。
今回はとりあえず、ここまで。
休日に晴れなければしばらくは加工中心の内容になるかと思います。
それではまた
関連記事

ランドマンロディを作る(その1)

Bパーツ
どうも、みなさんこんにちは(=゚ω゚)ノ
まだ、どういじろうか考えているランドマンロディですが、
組み立て前に注意点が一つ。
Bランナーが2色入っていますが、その二色を組み合わせて本編の配色を再現しています。
組み間違え防止で先に、使用するパーツだけ切り出しておいた方が良いですね。
余ったパーツは予備パーツとして取っておきます。余談ですが、一色のみ(オレンジ比率の多い機体やクリーム色の比率の多い)機体も作ろうと思えば作れます。
ランドマンロディ (1)
そしてパチ組みした状態。
この状態からどう手を動かしていくか計画を立てていきます。
どのキットを作るときもそうですが、この時が一番楽しかったりしますね。
ランドマンロディ (2)
組んでてまず目についたのが、1/144の宿命ともいえる一体成型部分の部割についてです。
バーニアと腰が一部一体化しています。
一度切り離しておいた方が良いでしょうね~。
それと、アーマー裏がやはり寂しいです。
プラ材やパテ類で埋めておいた方がしっくりくるかと思います。
ランドマンロディ (3)
鉄血シリーズ(というかオールガンダムプロジェクトのあたりから)
キットの低コスト維持の為か、各所に巨大な肉抜き穴が存在しています。
こういった箇所がキットの各所に点在しています。
こういったところで作り手のオリジナリティがだせる場所だと思います。
ランドマンロディ (4)
続いて足。
ここも先に話した肉抜き穴があるのと同時に関節構造上あまり動きません。
ランドマンロディ (5)
ダボ位置の関係上、1㎝程の空間がございます。
ここをうまく利用できればいいのですが、今の所ノープランです。
なにも思い浮かばなければそのままの可能性があります。

さて、ここまで見た中でキットの問題点を箇条書きすると…。
①:各所にある肉抜き穴の処理。(背骨と脚)
②:一体化している腰パーツとバーニアの切り離しと整形。
③:各アーマーのディティールUP
④:脚部の可動部の増設
⑤:マウントラッチの安定化(自分のキットはどの武器を取り付けても安定しなかったので(;_;))
といったところでしょうか?
次回以降、このようなカタチで進めていこうと思います。
それではまた
関連記事

MG ジャスティスガンダム&FRBアスランザラを作る(その5)

どうも、こんにちは(=゚ω゚)ノ
朝起きて伸びしたら、背中の右背筋が攣って痛くて仕方がないです。
昨日は寝返り打ち過ぎて腹筋が筋肉痛だったりします。
(起きてる時より寝てる時の方が運動してるって・・・・)
ジャスティス (19)
さて、ジャスティスの塗装の続きです。
残る色は本体ピンク、ブラック、パープル、ホワイト、イエロー、グレーの6色のうち、
パープル、イエロー、ホワイトの3色の塗装を進めます。
ジャスティス (20)
パープル。主に、ファトゥム本体が大半です。
ジャスティス (21)
フォルティスビーム砲の砲身はツマヨウジの先を潰してダボ穴に差し込みますが、
塗装時にエアブラシのエア圧で吹っ飛んでしまったので、一度ホコリを取るために
ラッカーシンナーで濡らしたティッシュでくるんで強めに拭き取り、再度サフ掛けからやり直しました。
ジャスティス (22)
ホワイトとイエローですが、ホワイトは黒立ち上げ(MAX塗り)イエローはゴールド系に
したかったので、対象パーツを全てベースグレーを塗ります。
ジャスティス (23)
イエローのゴールドはGXブルーゴールドにしてみました。
理由としては、ランナー状態の整形色が茶よりの黄色っぽく感じたのでこの色にしました。
ジャスティス (24)
一部白一色で塗るには少しもったいなく感じたので、フォルティスビーム砲とビームサーベルの
溝の部分だけ同様にGXブルーゴールドを塗り、マスキングします。
ジャスティス (25)
ホワイトはMAX塗りです。
このやり方を知る前の塗装だと、サーフェイサーのグレーの色の上ホワイトを塗ると
色の濃さがわからず、塗り過ぎてタラしたり、全然塗れてなかったりとちぐはぐになって痛い目を見たことがあります。
ホビージャパンの塗装特集でやり方を知ってから自分はずっとこのやり方だったりします。
方法としては、パーツに黒に近いグレー(ベースグレー)を塗った後、
エアブラシの希釈量よりも薄くなるようにシンナーを入れたホワイト(今回アルティメットホワイトを使用)
し、面の部分から塗り伸ばすように、エアを低圧で吹くというものです。
ジャスティス (26)
後は、各パーツのバランスを見ながら全てのパーツを塗装していきます。
さすがに4日間もあると結構進みますね。
今日はここまで
もう少しやりたかったのですが、朝の寝違えた背筋と腹筋の筋肉痛を直さないと
明日の仕事に差し支えるので、銭湯いって直してきます。
それではまた。
♪夏休みは~やっぱり~短い~♪
関連記事

MG ジャスティスガンダム&FRBアスランザラを作る(その4)

ジャスティス (11)
どうも、こんにちは(^-^)/
ジャスティスの塗装の続きからです。
前回、フレーム部分を塗装ブースにパーツをセットして1パーツずつサフ掛けしていきます。
ジャスティス (12)
一通りサフ掛けが終わってから、自家製のフレームカラーを吹き付けます。
ジャスティス (13)
一通り塗り終わってから、バラしていたパーツを順番に組み立てていきます。
傾いているけどこの段階では気にしない(^∇^)
ジャスティス (14)
次に外装の塗装準備に入ります。
それぞれ色別に分けておくと間違えずに済みます。
それとMGクラスになると大きいパーツが結構あるので塗装の際には気負付けたいですねヽ(´∀`)ノ
ジャスティス (15)
まずは本体以外のフレームパーツにサフ掛けしていきます。
本体フレーム以外のフレームパーツも同様にフレーム色で塗ってきます。
ジャスティス (16)
ただしファトゥム本体のフレームだけは塗り分けておきたかったので、
インテーク内部をシルバーで塗装した後で、残りの部分をフレーム色に塗り分けます。
ジャスティス (17)
ファトゥム内のバーニアとインテークも別の色にしようと思い、
シルバーで塗装しました。
ジャスティス (18)
とりあえず、フレームパーツは一式塗装終わりました。
(細かい部分はまだですが・・・・)
次回は残りの塗装を済ませようと思います。
それではまた。
関連記事

鉄華団コンプリートセット

パッケージ
どうも、みなさんこんにちは(=゚ω゚)ノ
ジャスティスは残り塗装のみとなったので、 物量の多いコイツから進めようと思います。
まだどれから始めるか決めてないので軽く紹介します。
箱の中身 (1)
箱の中身 (2)
プレミアムバンダイより受注販売品でお値段が6696円(税込)送料や代引き手数料を含めると¥7540となります。
セット内容は主役機のバルバトスルプスレクス。昭弘のグシオンリベイクフルシティ。シノのフラウロス。マンロディ。
追加武装パーツ(レクス用の新型武装。フルシティ用の追加ブースター、ハルバード、ライフル4丁。フラウロス用のショートバレルキャノン×2、専用ナイフ×2、ダインスレイブ。ランドマンロディ用脚部パーツ)が付属しています。
箱の中身は4機分のランナーと追加武装分が同梱されています。((((;゚Д゚)))))))
プレバンでポチった時に『それぞれ箱に入ってるんだろうな~』
なんて思ってたのですが、そんな考え甘かったです。
説明書
同梱されている説明書。
通常販売されている分+追加装備分の説明書という構成です。
4機まとめて作ろうものならば、どこやってるのかわからなくなりそうな状態なので、
箱の中からどれか一つを選んで組んでいく方向性で行こうと思います。
マンロディ説明書
そんな中で1番手に選んだのがコイツ。『ランドマンロディ』です。
理由としては、本編が終わってから今までまだ買ってなかったからです。
箱のセット内容として現状。ルプスレクス×1、フラウロス×1、グシオンリベイクフルシティ×2は作っていたりもします。
(全てパチ組みですが・・・・(´∀`*;)ゞ)
特にグシオンリベイクフルシティとフラウロスはこだわりたいと思ってた矢先だったので、この2機は後回し。
なのでランドマンロディから進めます。
とりあえず夜中にでもパチ組みしてから製作の方向性を決めていこうと思います。
それではまた
関連記事

MG ジャスティスガンダム&FRBアスランザラを作る(その3)

ジャスティス (6)
どうも、こんにちは(=゚ω゚)ノ
今日から4日間、遅めの夏休みです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
なので、出来る限りサクサク進めましょう。
まずは外装から。
本体インテークのプラ厚を薄くしたいので、デザインナイフをカンナのように使って薄くしていきます。
(写真では左右で厚みが違うような気がするので、あとで調整します。)
ジャスティス (7)
ファトゥムに取り付ける機関砲(フォルクリスとケルフス)は整形上の都合で砲身の穴が若干埋まっていたので、
0.3ミリ径のドリルで開講しておきます。
ジャスティス (8)
外装の加工がある程度進んだところでフレームの表面処理をしていきます。
4部割タッパー
百円均一で部割されているタッパーを使い各パーツを仕分けてから、
処理したパーツを別のタッパーに移していきます。
こうすることで、「アレ、どこまで処理し終わったっけ?」みたいな、表面処理の堂々巡りを防ぎます。
(まぁ、キズが消えずに堂々巡りはよくありますが・・・・。)
ジャスティス (9)
そして、処理し終わったパーツ。
ジャスティス (10)
フレームパーツから塗装ベースに各パーツをセッティングしていきます。
詰めて詰めてやっと何とかなりましたが、2回に分けてやった方が効率的かな~(#^.^#)
プレバン8月分
そして本日プレバンからザンライザー以下3点届きました。
予想はしてましたが、大分デカいですね。
今作ってるものがひと段落したら始めようと思います。
(ジャスティス作った後で同じ構造のフリーダムやプロヴィデンスに移行すると飽きそうなので・・・。)
そして前回のブログでパーツ請求のやり方を教えてくれたかさばる兄さんありがとうございました。
何かのタイミングで利用してみようと思います。

これが届いたということはしばらくのガンプラ購入はひとまずお預けです。
とりあえず、休みの間はなるべく更新していこうと思います。
それではまた
関連記事
おしらせ
HG フォビドゥンガンダム製作中 HG ネモ&ベースジャバー製作中 MG ジャスティスガンダム&FRBアスランザラ製作中 HG ランドマンロディ製作中
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

Riajyo

Author:Riajyo
みなさん。こんにちわ。Riajyoと申します。
子供のころからの流れでガンプラ作ってたら、いつの間にかフィギュア作りにどっぷりハマり、
フルスクラッチや複製一式やって、ワンフェスに出るまでに至るところです。(売れたためしがありませんが・・・orz)
ここでは、自分で作ったガンプラの『パチ組み』から『作例』。ワンフェス参加用の原型紹介などをやれればいいな~と思っております。

ブログ自体、初めてですが、炎上しないようにゆっくりやっていこうと思います。
皆様よろしくお願いします。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
15180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1671位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
楽天のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク